2010年05月28日

24日に安保会議=哨戒艦事件の対応協議―政府(時事通信)

 政府は、韓国が哨戒艦沈没事件を北朝鮮による魚雷攻撃と断定したことを受け、24日に安全保障会議を開いて対応を協議する。北沢俊美防衛相が23日、長野市内の会合で明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】緊迫!朝鮮半島〜哨戒艦事件、北魚雷攻撃と断定〜
〔写真特集〕世界のミサイル
〔写真特集〕最近の金正日氏〜奇跡の復活〜
〔写真特集〕若き日の金正日氏〜知られざる素顔〜

病院の病床、9か月ぶりに増加−2月末概数(医療介護CBニュース)
酒の安売り、飲み放題の規制強化へ…WHO指針(読売新聞)
裁判員裁判で初、求刑上回る懲役8年判決(読売新聞)
一過性?進む5野党共闘 与党支持率低下、対決姿勢で足並み(産経新聞)
救急救命士の業務範囲の拡大を要望(医療介護CBニュース)
posted by myr3izzycw at 00:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

口蹄疫「知事と大臣、腹を切れ」で市議ブログ炎上(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫問題で、三重県四日市市の諸岡覚市議(39)(民主)がインターネット上のブログに、宮崎県や政府の対応を批判して「県知事と農水大臣は腹を切って死ぬべきである」などと記述。批判を受けて記事を削除し、謝罪していたことが22日、わかった。

 諸岡市議によると、20日午後9時42分、自身のブログで、「第1号の感染牛を見逃して1か月近くも放置した県は、万死に値する」などと書いた。しかし、これに対する批判のメールや書き込みが相次いだため、約1時間半後に削除した。さらに、翌日21日には「不見識で不謹慎な発言だった」との謝罪文を掲載したが、批判メールなどは1000件を超えたという。

 諸岡市議は本紙に対し、「『腹を切って』というのは、今年3月から始めたブログの決めゼリフとして使っていた」と説明。「私自身も畜産農家の出身で、畜産農家はやっていられないという思いを伝えたかった」と弁明した。

 諸岡市議は日大農獣医学部卒で衆院議員秘書などを経て、2004年の市議補選で初当選し、2期目。

両陛下 カンボジア国王にお別れのあいさつ(毎日新聞)
<ラジオ>ネットで聴取「ラジコ」 予想以上の好調(毎日新聞)
【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(4)(産経新聞)
元妻の連れ子と無断で「結婚」 婚姻届偽造の57歳男を容疑で逮捕(産経新聞)
<みんなの党>民主からくら替え出馬 参院選宮城(毎日新聞)
posted by myr3izzycw at 12:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。