2010年02月18日

平成電電広告掲載「不法でない」=新聞社側が勝訴−東京地裁(時事通信)

 「平成電電」をめぐる詐欺事件で、通信機器への投資名目で出資金をだまし取られた被害者436人が、出資募集の広告を掲載した朝日新聞社、日本経済新聞社、読売新聞東京本社などに計約26億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は17日、「広告掲載は不法行為ではない」として、請求を棄却した。
 孝橋宏裁判長は、広告が掲載された2002〜05年ごろには、平成電電と同様に10%前後の配当率をうたった金融商品はほかにも存在しており、大手企業が安定株主となるなど、同社の事業内容や信用状況が疑問視される状況でもなかったと指摘。新聞社側が平成電電の広告の真実性に疑念を抱くべきだったとは言えないと判断した。 

【関連ニュース】
日航との交渉は継続=読売新聞報道にアメリカン航空がコメント発表
朝日新聞、新潟日報に印刷委託へ
読売新聞販売店で不審火=けが人なし、8月にも
大佛次郎賞に石川九楊氏
読売旅行社長ら書類送検=チラシに写真無断掲載

<山陽道>停車中のパトカーにトラック追突、警官重傷 岡山(毎日新聞)
<金嬉老事件>現場の旅館に資料館…戦後史に残る劇場型犯罪(毎日新聞)
岩手側海境北限廃止へ 青森との争い終結 「なべ」漁場(河北新報)
国の借金、最大の871兆円=国民1人当たり684万円−09年末(時事通信)
民主・小林議員の選対幹部、懲役2年判決(読売新聞)
posted by myr3izzycw at 17:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。